【目次】Windowsムービーメーカー2012の使い方(Windows 8、10)

2016年4月時点で最新版のムービーメーカーは「Windowsムービーメーカー2012」です。ここではその使い方を基本からご紹介します。以前のバージョンをご利用の方はこちらより記事一覧をご覧ください。

  1. Windows ムービーメーカーのインストール
  2. Windows ムービーメーカーの画面
  3. 動画&写真ファイルを読み込んで並べる
  4. 動画を分割したり不要な部分を削除する方法(カット編集)
  5. 音楽ファイルを読み込んでBGMを設定する
  6. タイトル/クレジットを入れる
  7. キャプション(字幕)を入れる
  8. クリップのつなぎに「切替効果」を挿入
  9. 写真を並べ「移動&拡大」で動きをつける
  10. 「視覚効果」設定で白黒やモザイク映像に
  11. 「ムービーの保存」で動画を完成させる
  12. 初心者のための動画編集ポイント

以前のバージョン

     

Window Liveムービーメーカーの画面

Windows 7からは、ダウンロードして利用する「Window Liveムービーメーカー」が登場しています。画面ががらり変わって、中央は左側に再生画面、右側に編集途中の動画のタイムラインがあります。 続きを読む →

     

動画ファイルの形式はちょっと複雑

デジカメで写真を撮った時、その写真データは大抵「XXXXXXX.jpg」というように、拡張子が「.jpg」になったJPGファイルです(他の場合もあります)。写真加工ソフトを使う時、特に気にしなくても、このJPGファイルは開くことができます。ところが動画ファイルのフォーマットは、撮るカメラによっていろいろです。 続きを読む →

     

Windwsムービーメーカーの開き方

自分で撮影した動画にタイトルを入れたり、複数の動画をつなげて一本にしたりするのに必要なソフトを「動画編集ソフト」と言います。家電量販店のソフトコーナーで何種類も売られていますが、「まずは無料ので」というのであれば、おススメはやはり「Windwsムービーメーカー」もしくは「Windows Liveムービーメーカー」。 続きを読む →